リッフェルホルンでクライミング 

7月24日、リッフェルホルンでマルチピッチクライミングをしました。
マッターホルンのトレーニングで登山靴で登ります。
天気に恵まれ、快適なクライミングでした。

リッフェルホルン
リッフェルホルンとマッターホルン
ルートは反対側に回り込んで登ります。

リッフェルホルン
クライミングの途中でアイベックス(野性の山羊?)が
この後岩場をヒョイヒョイとトラバースして去っていきました。
見事な身のこなし。ガイドより上手いかも。

リッフェルホルン
なかなかの高度感です。
すっきりしていて良いルートでした。

コスミック山稜再び 

7月18日は高度順応のため、バレブランシュに上がりコスミック山稜を登攀しました。
この日も天気が良く、多くのクライマーが登っていました。

コスミック山稜
コスミック山稜。登りきるとミディの展望台に出ます。
ミディの大人気ルート。

コスミック山稜
核心部の岩場では順番待ち。
いろいろな国のクライマーが登っていました。

コスミック山稜
ミディの南壁を登って懸垂下降するクライマー。
右にはグランドジョラスの北壁が見えます。

ラックブラン再び 

17日に再びハイキングでラックブランに行きました。
天気は快晴。
気持ちの良いハイキングでした。

ラックブラン
ラックブランと、モンブラン山群
アルプスっていう感じです。

ラックブラン
ラックブランでのんびりくつろぎました。
大勢のハイカーで賑わっていました。

モンブラン~風が強かった! 

7月14日~15日、モンブランに登りに行きました。
1日目はグーテ小屋まで。この3日間で山は大分雪がつきました。
15日は天気が回復する予報でしたので、ガスガスの中小屋まで行きました。
登攀日は天気は良かったものの風が強く、また寒気も強く4600mまで登ったあたりで引き返しました。
モンブランは今まで10回以上登っていますが、今回が一番厳しかったです。
残念ですが山の女神は微笑んでくれなかったようです。


モンブラン
登山口のニーデーグル
新雪が数センチつもっていました。


モンブラン
グーテ小屋を目指して登ります。


モンブラン
明日の好天を期待して、ガスガスの中を登る。


モンブラン
翌日は天気はよくなりましたが、風が強かったです。
山頂付近は雪煙が舞っていました。


モンブラン
下山中。クーロワールではチリ雪崩が出ていました。
慎重にトラバースするクライマー

ツールロンド 

11日はツールロンドに登りに行きました。
この日も朝から良い天気でしたが、午後から崩れだし夕方には雨になりました。
今回はツールロンドの南東稜を登攀しましたが、核心部を越えたフレッシュフィールドのコルあたりで天気が悪くなってきたため、残念ながらここから引き返しました。
まあ、無理はできません。
3年前に登ったときは、東面の雪をたどって比較的楽に登れたのですが、年によって状態は全然かわりますね。
でもまあ、クラシックな好ルート、良い山でした。


ツールロンド
バレブランシュを渡ってツールロンドに向かう


ツールロンド
ツールロンド
左手のリッジ、南東稜を登攀しました


ツールロンド
核心部の岩のナイフリッジ


ツールロンド
フレッシュフィールドのコルから山頂を見る

BACK | HOME | NEXT
Copyright © タナログ ~国際山岳ガイド棚橋靖のブログ All Rights reserved. Design By Kana.

タナログ ~国際山岳ガイド棚橋靖のブログ

国際山岳ガイド棚橋靖のガイド登山・クライミングやアイスクライミングの講習後記。ヨーロッパアルプスなどの海外登山やプライベートクライミングをご報告しています。

プロフィール

国際山岳ガイド    棚橋 靖

Author:国際山岳ガイド    棚橋 靖
アナログ種のんびり族ですが、ちょくちょく更新して最新の山情報をご報告します。
ホームページでは、登山ガイド、クライミングや登山技術講習などのプランをご紹介していますのでのぞいてみて下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QRコード