谷川岳南稜 

6月7日、8日、谷川岳一の倉沢南稜を登りました。
毎年この時期に一の倉沢に入ることが多いですが、今年は雪が多く出合からテールリッジ取り付きまでずっと雪渓を歩けました。
南稜は一の倉沢の岩場の中では一番の人気ルート。岩の固く、浮石も少ないので谷川の登攀ルート入門にはお奨めです。
7日は快晴で半袖でじゅうぶんな陽気。アサイチで取り付いて午前中には下山しました。
今日は南稜に3パーティほど。日曜日には20パーティほど取り付いていたそうだから、すごいですね。

翌8日、もう一度南稜を登りました。この日はガスの中の登攀となりました。
天気は怪しかったですが、岩の状態は良かったです。
おかげで、というか他に南稜パーティーはなく、我々の貸し切りのクライミングとなりました。
南稜は僕が、学生のとき初めて登りましたが、(もう20年以上前だ) その時は登山靴で登り最後のフェースで苦労した覚えがあります。今の装備で快適に登るスタイルからだと隔世の感があります。
時代は変わる、ですな。



DSCN0840_convert_20100609091421.jpg
一の倉沢。 数々のドラマが生み出された


DSCN0825_convert_20100609091529.jpg
南稜、馬の背リッジを登る


DSCN0847_convert_20100609091711.jpg
ガスの中の登攀。アルパインチックです。


DSCN0860_convert_20100609091832.jpg
正面左のスカイラインが南稜。 クラシカルなアルパイン入門ルートです
| HOME |
Copyright © タナログ ~国際山岳ガイド棚橋靖のブログ All Rights reserved. Design By Kana.

タナログ ~国際山岳ガイド棚橋靖のブログ

国際山岳ガイド棚橋靖のガイド登山・クライミングやアイスクライミングの講習後記。ヨーロッパアルプスなどの海外登山やプライベートクライミングをご報告しています。

プロフィール

国際山岳ガイド    棚橋 靖

Author:国際山岳ガイド    棚橋 靖
アナログ種のんびり族ですが、ちょくちょく更新して最新の山情報をご報告します。
ホームページでは、登山ガイド、クライミングや登山技術講習などのプランをご紹介していますのでのぞいてみて下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QRコード