机上講習「救急法と負傷者の搬送」 

3月11日、アルパイン教室の机上講習「救急法と負傷者の搬送」でした。ちょうど少し前に、NHKのとある番組で富山県警の山岳救助隊の活動を観たのでリアルな話題でした。
「負傷者を発見または負傷者が発生した場合どうするか」対処を受講生同士で意見を出し合いましたが、机上ででも抜けてしまう手順が。実際に山で怪我人を目の当たりにした時には、まずは冷静に“安全確認”“情報収集”すること、救急パックの中身も見直してガーゼやビニール手袋を追加しなくてはと思いました。何年も使わなくて救急パックの中で劣化してくれるにこしたことはありませんが。
私事ながら数年前に海外にクライミングに行った時に、出血を伴う怪我をしました。近くにいたカナダ人のカップルがすっ飛んで来てくれ(幸運にも彼らはドクターだったのですが)、手術の時に使うようなビニール手袋をさっとはめ、骨折がないかを素早くチェック、止血をしてくれました。やっぱり、ちょっとクライミングに行く時でも救急パックは必要ですね。この講習で改め思いました。【記Emi】


雨具とストックを使っての患部の固定方法1
        雨具の袖を中に織り込んでストックを通す


雨具とストックを使っての患部の固定方法2
    患部をのせストックで雨具を巻き込んでテーピングで固定


雨具とストックを使っての患部の固定方法3
                 出来上がり!
| HOME |
Copyright © タナログ ~国際山岳ガイド棚橋靖のブログ All Rights reserved. Design By Kana.

タナログ ~国際山岳ガイド棚橋靖のブログ

国際山岳ガイド棚橋靖のガイド登山・クライミングやアイスクライミングの講習後記。ヨーロッパアルプスなどの海外登山やプライベートクライミングをご報告しています。

プロフィール

国際山岳ガイド    棚橋 靖

Author:国際山岳ガイド    棚橋 靖
アナログ種のんびり族ですが、ちょくちょく更新して最新の山情報をご報告します。
ホームページでは、登山ガイド、クライミングや登山技術講習などのプランをご紹介していますのでのぞいてみて下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QRコード