お留守番日記 

8月3日(水)、久しぶりに朝から雨が降ったりやんだりしています。
今日からいよいよモンブラン登山なので、
7時過ぎのバスでお客様とタナガイドが出かけて行きました。
天気予報ではグーテ小屋周辺(3,800m)は一日小雪がちらつくようです。
明日は朝から晴れのようなので登頂が期待されます。
グーテ小屋は今年と来年は改修工事をやっているので、例年の半分の人数しか泊まれず、
予約日の変更ができないのでお天気頼みになります。


私たちが宿泊している宿には、いろんな国の人が泊まっています。
今日は雨なので皆さんゆっくりしていて、韓国語(主力)、フランス語、東欧系と思われる言葉などいろいろな言語が聞こえてきます。
廊下で電話をする声、シャワーを浴びながら話してる声、隣の部屋の声、筒抜けです。
全部の言語が理解できたら、何を話しているのかわかってさぞや面白いだろうにと思います。


習慣を観察するのも面白いです。
廊下で鉢合わせすると「私にご用事?」と思うくらい、
にこにこしながらじ~と見て”ボンジュール♪”と挨拶をしてくれる
フランス人の女性が何人かいました。
また、こちらが「何人?」と思っていると、
あちらも同じく「なんでこんなにアジア人が?」といった感じで、
警戒心のオーラがでている人もいます。
主力の韓国勢は仲良くなると、日常の習慣や音楽や食べ物の話をしたり、
ちょっとお料理を分けてくれたりします。
日本の音楽を聴いていたり、簡単な日本語が分かったり、インスタントみそ汁を飲んでいたり・・・
日本の事をよく知っていてびっくりです。
そして必ず韓国料理を食べてます。
キッチンが混んでいたり、安眠妨害されたり煩わしいこともありますが、ドミトリーは楽しいです。


タナガイドがお客様と山に上がっている間は留守番をしています。
一昨日は、部屋の掃除・洗濯~会計整理など~夕食の買い物と、
日本と同じスケジュールで一日が過ぎて行きました。
違っていたのは、失業中でずっとここに泊まっているらしいおじさんと、
暇な者同士、15回くらい目があって微笑みあったことくらいです。


昨日は部屋から見えているボソン氷河に行ってきました。
バスで隣町のボソンまで行き、ハイキングコースを登ること1時間程で氷河の先端部に着きます。
のんびり動く二人乗りのリフトでも登れるので、
小さな子供連れのファミリーがほとんどでのんびりした雰囲気ででした。


モンブランに登頂できますように祈りながら山を見上げて待つこととします。


【記Emi】


お留守番日記
お部屋から見えるボソン氷河とその奥がモンブラン、左がミディ。


お留守番日記
いただきもの。鶏肉を丸ごとお湯でことこと煮て大量のにんにくを投入していました。
塩をつけていただきましたが、柔らかくておいしかったです。
もっとたくさんあったのですが、写真を撮る前に食べつくしました。
言わずもがなのキムチ(宿併設の韓国レストランの板さんより)。
他の方からは、やはり鶏肉をコチジャンで煮たものをいただきました。
カムサハムニダ(ありがとう)。


お留守番日記
ボソン氷河の先端には綺麗な山小屋があります。
お昼時にはテラスで食事するファミリーも。


お留守番日記
お客様とタナガイドが今登っているミディ。
| HOME |
Copyright © タナログ ~国際山岳ガイド棚橋靖のブログ All Rights reserved. Design By Kana.

タナログ ~国際山岳ガイド棚橋靖のブログ

国際山岳ガイド棚橋靖のガイド登山・クライミングやアイスクライミングの講習後記。ヨーロッパアルプスなどの海外登山やプライベートクライミングをご報告しています。

プロフィール

国際山岳ガイド    棚橋 靖

Author:国際山岳ガイド    棚橋 靖
アナログ種のんびり族ですが、ちょくちょく更新して最新の山情報をご報告します。
ホームページでは、登山ガイド、クライミングや登山技術講習などのプランをご紹介していますのでのぞいてみて下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QRコード