JAGUガイド研修 

12月7日~8日、僕の所属しているガイド組織(ジャパンアルパインガイド組合)の研修に参加しました。
今回は長野の物見岩で、岩場でのセルフレスキュー研修でした。



DSCF2012_convert_20171211101151.jpg
懸垂下降中のクライアントのトラブルを救助する研修。
ガイドは下からロープを登ってクライアントに合流、引き上げをしてトラブルを解消し、一緒に下降します。


DSCF2014_convert_20171211101216.jpg
難易度の高いセルフレスキュー技術で、反復練習しました。
万が一の時のために定期的にレスキュー研修することは、ガイドにとって大切なことですね。


JAGUガイド研修 

12月7日~8日、湯河原幕岩でJAGUのガイド研修を行いました。
今回のお題は岩場でのロープレスキュー。
ガイド8名が参加し、みっちり研修しました。
レスキュー技術は普段使わないので、忘れないよう定期的に確認・練習する必要があります。


DSCF0127_convert_20161209104433.jpg
岩場で登れなくなったクライアントを引き上げ、その後降ろす研修です。


DSCF0130_convert_20161209104515.jpg
クライアントと一緒に降りる「カウンターラッペル」の作業中

JAGUガイド研修 

12月9日~10日、僕の所属するガイド組合(JAGU)の研修を湯河原幕岩で行いました。
今回は岩場でのセルフレスキュー研修です。
セルフレスキュー技術はやってないと忘れてしまうので、時々こうやって練習することは大切です。
10名ほどのガイドが参加しました。



DSCF8289_convert_20151211140647.jpg
お題目は「懸垂下降中のトラブルのレスキュー」
懸垂下降中スタックして降りられなくなったクライアントを下から登っての救助します。



DSCF8294_convert_20151211140716.jpg
このレスキュー技術はけっこう複雑で、いろいろな技術を組み合わせて行う必要があります。
なかなか実のある研修になりました。


JAGU研修 

12月10日~11日、JAGUのガイド研修に参加しました。
今回は「リスクマネジメント」の講習を専門の講師の方を招いておこないました。
山におけるリスク(不確実性)を数量化して把握し、その影響度を低くするために対応策を検討する。

僕らが山に入る前に頭の中では「イメージとして」行っていたことですが、
それを目に見えるよう数値化して把握するというのは、とても新鮮でした。

仕事として職業としてガイドを行う上で大切なことであるし、想定外の事故やトラブルを避けるためにも必要なことだと感じました。






IMG_1129_convert_20121214085139.jpg
課題を与えられ、グループで対応を協議して発表しました。


立山ガイド研修 

4月24日~25日、立山でJAGUと日プロ(日本プロガイド協会)の合同研修が行われ、これに参加しました。
今回は雪上でのショートロープ技術の検証で、滑落したクライアントをいかに止めるかを研修しました。
また、その後立山の大汝の東綾を登り、立山プチバリエーション登山をしました。
定期的に研修を積むことは我々ガイドにとって大切なことだと再確認しました。

今年の北アルプスの雪はそれほど多くないように感じました。




DSCF8814_convert_20120426111704.jpg
クライアントの滑落を止める訓練



DSCF8844_convert_20120426111829.jpg
大汝の東綾も登ってみました



DSCF8851_convert_20120426111949.jpg
剱岳と毛勝三山



| HOME | NEXT
Copyright © タナログ ~国際山岳ガイド棚橋靖のブログ All Rights reserved. Design By Kana.

タナログ ~国際山岳ガイド棚橋靖のブログ

国際山岳ガイド棚橋靖のガイド登山・クライミングやアイスクライミングの講習後記。ヨーロッパアルプスなどの海外登山やプライベートクライミングをご報告しています。

プロフィール

国際山岳ガイド    棚橋 靖

Author:国際山岳ガイド    棚橋 靖
アナログ種のんびり族ですが、ちょくちょく更新して最新の山情報をご報告します。
ホームページでは、登山ガイド、クライミングや登山技術講習などのプランをご紹介していますのでのぞいてみて下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QRコード